同じ季節に違う花を見ている2014/11/13

「Rhapsody in beauty」のテーマ、モチーフの一つ“パラレルワールド”。今、自分の目の前にある現実とは別の並行世界。ほんの些細な物事をきっかけに、僕達の世界は全く別の未来へと導かれていきます。

自分に見えている海の色と、他人に見えている海の色は必ずしも同じではありません。そこには“海の色”と“知覚”を巡るパラレルワールドが存在します。
「Romancé」のMVシリーズは
観る人や、観覧する条件、環境によって色が変わります。

http://the-novembers.com/romance-parallel/

この仕掛けは
沢山の人が、それぞれ“一つの人生”を生きていること。
そしてその“一つの人生”が、遍く存在する可能性の中の一パターンに過ぎないことを表現しています。

また、MVの中の僕達は自身を取り巻く“ゆらめき”の色の変化に気付くことはありません。いつも通りです。

それは、あなたの人生が別の未来へ枝分かれした様子を、あなた自身で相対的に確かめることが出来ないこと自体の比喩でもあります。

あなたがこのMVを観ることをきっかけに、僕達を取り巻く世界の色が変わる。MVの中の僕達はあなた自身でもあります。

もしよかったら、このMVをシェアしてくれたら嬉しいです。

“そうさ、僕とあなたは違うけれど、それがなんだっていうんだろう”

小林祐介